簡単構築!ネットショップ作成マニュアル

WEBの知識が無くてもOK!ネットショップの簡単な作成方法を教えます。

HOMEネットショップの作成方法を検証!制作会社へ依頼

制作会社へ依頼

ホームページ制作の経験がない場合、ネットショップを作成する方法として挙げられるのが、制作会社へ依頼する方法だ。
ほかにも販売戦略を考慮して、ネットショップを作成してもらう場合、広告代理店に依頼するという方法もある。

難易度はどうか?

ホームページなどを制作する専門家に頼むのだから、全てお任せでOK!という訳には
いかない。
作成を依頼するには、販売する商品に関する情報やコンセプト、オープン後に行う
プロモーションの方法など、様々な切り口でどうしたいのかを伝えなければ、
思った通りの通販サイトにはならない。

何の考えも持たず、制作会社に全てを任せすると、思った通りの出来栄えでは
なかったり、更新ができない仕様になったり、プロモーション後の受け皿が
用意できなかったりすることがある。
できれば業者に依頼する前に、デザイン面、運営後の更新性、プロモーションの
方法などをしっかり考慮した上で、発注するようにしよう。

ちなみに広告代理店にネットショップ制作を依頼すると、プロモーション方法やコンセプト、サイトの方向性などを提案してもらえる。
初めての場合は、プロモーションを得意とする広告代理店に依頼するのもありだろう。

メリット・デメリット

ネットショップだけを専門に制作する会社に作成を依頼すれば、商品を
魅力的に見せるコツ、購入率をアップさせるためのページ導線などが
学べる。
もちろん、制作自体をお願いできるので、制作に関わらない
ネットショップの準備に集中できる。
商品の仕入れや広告の準備など、販売に関わる部分に着手可能だ。
また、サイト制作のプロに頼むわけだから、デザインも洗練された、
オリジナル性のある仕上がりとなるだろう。

逆にデメリットは、費用面だ。
クオリティが高くなればなるほど、コストがかかる。
さらに広告代理店に発注した場合は、サイトのデザイン自体を
デザイン会社に外注するので、さらに費用がかさむことになる。

また業者のWEB知識に左右されるが、見た目の素晴らしさだけを重視するあまりに、SEO(検索エンジン最適化)に
対応していないといったトラブルもあるそうだ。
SEOとは、Yahoo!やGoogleの検索エンジンで何かを探しているユーザーに対して、的確な情報を提供するために、
検索結果の上位に表示されるにふさわしいコンテンツを制作すること。

デザイン会社がこういったWEBの知識に精通しているかどうかを確認せずに、ネットショップの作成を依頼してしまうと、
後々、検索結果に表示されないということにもなりかねないので注意が必要だ。

費用相場

ネットショップの作成をデザイン会社や広告代理店に発注した場合の費用目安は以下の通りだ。

  • WEB制作会社…初期投資:200,000~800,000円ほど
  • 広告代理店…初期投資:300,000~1,500,000円ほど

システムなどを構築してもらった場合は、システムを保守する月額費用として毎月50,000円ほどかかる。
そのほか、サーバー代、ドメイン費用、SSL証明書などの運用に欠かせない費用も発生する。

 
簡単構築!ネットショップ作成マニュアル